大学教育体制の極端な貧困さ,自民党政権のゲスさ加減は高等教育体制問題の軽視に端的に表現されている,日本人研究者がノーベル賞を授賞されたのは四半世紀前までの研究成果の賜物,21世紀にその種は尽きたこの国(その3)

「教育は国家百年の大計」という標語はダテか? ともかくその意味が皆目理解できなかったこの国の「安倍晋三や菅 義偉の政権」は,なかでも高等教育体制を生殺し状態に放置してきた,だが,教育体制の劣化・衰退は国家そのものの凋落・弱体化を意味する すで…

大学教育体制の極端な貧困さ,自民党政権のゲスさ加減は高等教育体制問題の軽視に端的に表現されている,日本人研究者がノーベル賞を授賞されたのは四半世紀前までの研究成果の賜物,21世紀にその種は尽きたこの国(その2)

「教育は国家百年の大計」という標語はダテではない,だが,その意味が皆目理解できなかったこの国の「安倍晋三や菅 義偉の政権」は,なかでも高等教育体制を生殺し状態に放置してきた,だが,教育体制の劣化・衰退は国家そのものの凋落・弱体化を意味する …

大学教育体制の極端な貧困さ,自民党政権のゲスさ加減は高等教育体制問題の軽視に端的に表現されている,日本人研究者がノーベル賞を授賞されたのは四半世紀前までの研究成果の賜物,21世紀にその種は尽きたこの国(その1)

「教育は国家百年の大計」という標語はダテではない,だが,その意味が皆目理解できなかったこの国の「安倍晋三や菅 義偉の政権」は,なかでも高等教育体制を生殺しにしてきた,教育体制の劣化・衰退は国家そのものの凋落・弱体化を意味する ①「付加価値生む…

後進国化した政治,萎縮した経済,劣化した社会の現状日本,コロナ過の「第6波」が北日本地域から波及しはじめそうな状況のもと,安倍晋三仕立になる岸田文雄のダミー政権

「新しい資本主義」とかいった空語・虚説をもてあそびだした岸田文雄新政権であるが,日本流に旧い資本主義に抱きつかれた状態で,満足に身動きができないまま,パペット的な「お笑いもののこの政権」が登場した。その雰囲気のなかで2021年10月31日「衆議院…

アベノミクスは最初から必然的にアホノミクスでありウソノミクスであった,2021年10月現在,この国の経済社会はいまだに先進国意識を払拭できないまま,さらに後進国「化」

世襲政治屋の「初老の小学生・ペテン総理」がチャイルディッシュに,「幼稚と傲慢・暗愚と無知・欺瞞と粗暴」な為政を,スガのカスノミクスの期間にまで継続させてきた8年と9カ月もの結果,「美しい国」であったはずのこの 日本は,徹底的に崩壊:溶融され…

1974年の調査開始以降「最多となった小中高生の自殺者統計」を絶対数だけで過去と比較する日経記事は,その間において「少子化現象」が進行してきた事実にも関連させ,比率の数値も同時に添えて報道しないのでは,読者の側にあってより深い事情が把握できない

『日本経済新聞』の記者はこの程度の取材と報道の内容で満足しているのか? この記事の付図をみた瞬間に生じた違和感をめぐり本日の記述がなされるが,その前に本日:2021年10月15日『朝日新聞』と『日本経済新聞』の朝刊から,それぞれつぎの投書とコラムを…

学校法人日本大学の理事背任疑惑事件を通して再確認できる相撲界出身者のだんまり戦術,今回も理事長田中英寿は「知らぬ存ぜぬ」で一貫してトボケまくり逃げたいのだが,はたしてそれでは理事長職を務めている人間の所業とはいえまい

日本相撲協会(現在は公益財団法人)は,日本の伝統であるという相撲道を誇りにしている,だが,なにかと皇室との近さを売り物にしてきた割には,八百長事件の確固たる歴史を背景にもちつづけており,そのうえで相撲商売を成立させている事業体である,この…

社会科学者の研究方途において「満洲国」が有した歴史的な意味が現在にまで連続する事実

(2014年3月25日,更新 2021年10月13日) 過去から現在まで日本における「社会科学者の研究方途」に大きく影響してきた「満洲国」の歴史的な意味を,21世紀にいまに関係づけて再考するための若干の議論 ① 中山伊知郎(経済学者) 中山伊知郎(1898-1980年…

社会科学論としては不思議な経営学論の展示,小笠原英司『経営哲学研究序説-経営学的経営哲学の構想-』2004年への批判的な討究

(2014年1月24日,更新 2021年10月12日) ま え が き 以前,社会科学としては不思議なひとつの経営学論の展示がなされていた。いってみれば「経営学の存在意義」そのものに関する疑問を惹起させざるをえなかった,ある「経営学の構想」が披瀝されていた…

論争したがらない日本の大学研究者,まともに論争もしないうちに安倍晋三・菅 義偉流のファシズムが到来したのか?

(2009年6月2日,更新 2016年3月6日,再更新 2021年10月11日) 標題に「論争したがらない日本の大学研究者,まともに論争もしないうちに安倍晋三・菅 義偉流のファシズムが到来したのか?」とかかげみたが,専門領域に関した話題として本日の記述をおこ…

『経営学の開拓者たち』2021年4月に関する余論的な話題,昭和30年代に経営学ブームを巻き起こした坂本藤良『経営学教科書』光文社,1958年4月につづいて,翌年11月に柳の下の二匹目のドジョウを狙い,しかも当てていた山城 章『経営』白桃書房も発売されていたという話題

a) 本日のこの記述は「標題」について,上林憲雄・清水泰洋・平野恭平編著『経営学の開拓者たち-神戸大学経営学部の軌跡と挑戦-』中央経済社,2021年4月,92頁に記述されている以下の段落に関する疑問を述べ,その理由を説明することになる。 日本経済が…

学校法人日本大学の田中英寿理事長の氏名を挙げたりそうでなかったりする各紙報道の報道姿勢,なにか遠まわしにする忖度でもあるのか,この理事長は自学になにか重大問題が生じると必らず「しらない」といいはり「逃げまわる習性」あり

【本日の 話 題 に関する事前の説明】 -1 学校法人日本大学・田中英寿理事長体制の問題 本日:2021年10月9日朝刊各紙は,学校法人日本大学に関連して発覚した背任疑惑問題,つまり,東京地検特捜部が先日,2億2000万円を大学から不正に流出させた背任容…

日本の私立大学における経営実態の闇と影,日本大学に反映されるその典型的な姿,大学経営は単なる道具,私物化した法人会計から運営資金をかすめとる事件に関与の疑い濃厚なワンマン理事長,アベ友の存在とも関係がありそうな報道ぶり

-1 事前の予備知識 日本大学入学:1年時の納入金総額(一部の例) 経済学部 124万円 理工学部 177万円 医学部 635万円 (医学科は6年制なのでこの総額では3310万円) -2 事後の感想のはずだったが,さきに断わっておきたい点。本ブログ筆者なりに思わ…

軍備として具体的な暴力装置である航空母艦「いずも」の本格的運用が間近である海上自衛隊「護衛艦という名の本格空母」,現在は米海兵隊のF35Bが離着艦訓練を模範的に指導する米日安保体制の間柄

アマガエルが殿様ガエルに蝉変するかのように海上自衛隊のヘリ空母も「本格空母ガエル(航空母艦)」に脱皮している,防衛省は軍隊組織であり,海軍(海上自衛隊)が空母をほしがるのは生理的欲求みたいに自然な欲望である,この点が実現されつつあるが,航…

『経営学の開拓者たち』(2021年4月発行)という本に巻かれた「帯」いわく「神戸大学経営学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」と,ならば「一橋大学商学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」といわねば均衡のとれた学史理解になりえない(続の2)

日本の経営学はとりわけ,21世紀に入ってから現在まで,理論に関する「方向性感覚を喪失させた状態」にある,「社会科学としての本質論・方法論」をめぐる問題意識を忘失し,放擲した学的状況に追いこまれている 最近作,経営学史研究として神戸大学経営学部…

『経営学の開拓者たち』(2021年4月発行)という本に巻かれた「帯」いわく「神戸大学経営学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」と,ならば「一橋大学商学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」といわねば均衡のとれた学史理解になりえない(続の1)

日本の経営学はとりわけ,21世紀に入ってから現在まで,理論に関する「方向性感覚を喪失させた状態」にある,「社会科学としての本質論・方法論」をめぐる問題意識を忘失し,放擲した学的状況に追いこまれている 最近作,経営学史研究として神戸大学経営学部…

『経営学の開拓者たち』(2021年4月発行)という本に巻かれた「帯」いわく「神戸大学経営学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」と,ならば「一橋大学商学部の歴史は,日本の経営学の歴史である」といわねば均衡のとれた学史理解になりえない

(2017年8月25日,更新 2021年10月4日) 日本の経営学は21世紀にはいってから現在まで,理論に関する「方向性感覚を喪失させた状態」にある,「社会科学としての本質論・方法論」をめぐる問題意識を忘失し,放擲した学的状況に追いこまれている さて,いま…

本ブログ『社会科学者の批評』において主題を「従軍慰安婦問題の本質」と題した諸記述の目次案内

★ この 目次案内 の意図 ★ 本ブログはこのところ,連続モノとして旧ブログにおいて「従軍慰安婦問題」をとりあげていたもろもろの記述を,さらに「更新し,再公表する作業」をおこなってきている。それも,旧ブログにおいて,従軍慰安婦問題をめぐる各種各様…

従軍慰安婦問題の本質(14)-安倍晋三は「慰安婦問題」について「日本が国ぐるみで性奴隷にしたといういわれなき中傷」だと反撥していたが,これほど「歴史的にデタラメな主張」はない,もともと彼においては歴史をまともに認識する理性が不在

(2014年10月3日,更新 2021年10月2日) かつて「美しい国」だったとされたあの大日本帝国における兵舎物語に関してだが,この旧軍には「軍用・性的奴隷施設」がなかったと思いこみたい,安倍晋三の空想的・盲論的な虚説「観」は,この世襲政治屋3代目の…

ブラザー・レーザープリンタ「A4モノクロ HL-L2330D」を2021年2月中に9千円で購入した本ブログ筆者は,その消耗品のトナーカートリッジの価格もほぼ9千円,ドラムユニットもほぼ9千円だという価格をしって,この相対的に超高い値段を設定し,純正品しか使えない技術的な仕組をくわえたブラザー側の工夫に興味をもった

だいぶ昔の話となるが,ちまたで聞いたある話であった,安価な価格帯のインクジェット・プリンタ複合機やレザープリンタを購入し使用する場合,消耗品の「インクカートリッジ」や「トナーカートリッジとドラムユニット」に関した話であった とくに後者レザー…

従軍慰安婦問題の本質(13)-いまだに慰安婦問題を全面否定したい極右のアベ的にデタラメ三昧の政治集団:自民党政権は21世紀の国際政治を生き抜けるか

(2014年8月8日,更新 2021年9月30日) 従軍慰安婦の歴史的な核心問題は「強制」性にある。だが,この歴史の事実を否定したがる迷盲の政治家が蝟集する自民党は,9月29日実施した自民総裁選で安倍晋三カイライの岸田文雄を選出,私物化(死物化)による…

従軍慰安婦問題の本質(12)-林 博史,渡辺美奈,俵 義文『「村山・河野談話」見直しの錯誤-歴史認識と「慰安婦」問題をめぐって』かもがわ出版,2013年4月の「当時なり」の議論について

(2014年8月13日,更新 2021年9月29日) 従軍慰安婦問題が歴史に存在した事実すら認めたくない安倍晋三や中川昭一など自民党極右の,ただ没論理というよりはひたすら無論理である「世襲政治屋のねじれた愛国心」では,世界のなかでの「この国を埋没させて…

従軍慰安婦問題の本質(11)-「幼稚と傲慢の首相」安倍晋三が「慰安婦問題」をめぐり〈日本の名誉〉に関してみせた「二面相」,ブッシュ米大統領にはこの問題で謝罪していたが,朝日新聞社にはこの問題を否定しようと必死に権力濫用の猛攻撃

(2014年9月12日,更新 2021年9月28日) 吉田清治による「朝鮮人女性の従軍慰安婦」「強制連行」物語の創作話に〈日本の名誉〉を短絡させうる安倍晋三の浅薄さは,ともかく従軍慰安婦問題は否定し,なにもかも無にさせておきたい欲望に淵源していた,歴史…

従軍慰安婦問題の本質(10)-「櫻井よしこ」の定例・狂妄「意見広告」,かつての従軍慰安婦問題に対する針小棒大的な否定・誤説,このごろのさばる極右のトンデモな歴史認識

(2014年9月18日,更新 2021年9月27日) 従軍慰安婦問題,その強制「性」の論点にだけ囚われ, “右往への一方通行” だけに終始する議論に絶大なる陥穽あり,歴史にひらすら無知でありながらまともに学習すらしようとしない人間や国家は,おのれの脆弱で空…

従軍慰安婦問題の本質(9)

(2014年8月6日,更新 2021年9月26日) 従軍慰安婦問題と公娼制度とを混同させ,軍・性的奴隷問題をボカしておきたい論者のマヤカシ的理屈は,軍隊における「性の問題」というものの「歴史と本質」の,その「展開と現実」に疎い無識ぶりを暴露 【※断わり…

従軍慰安婦問題の本質(8)

(2014年8月5日,更新 2021年9月25日) 従軍慰安婦問題と公娼制度とを混同させ,軍・性的奴隷問題をボカしておきたい論者のマヤカシ的理屈は,軍隊における「性の問題」というものの「歴史と本質」の,その「展開と現実」に疎い無識ぶりを暴露 要点・1 …

従軍慰安婦問題の本質(7)

(2014年8月10日,更新 2021年9月24日) 安倍晋三と秦 郁彦はともに従軍慰安婦問題はなるべくなかったことにしたい「長州人の本性」をもつらしい「同志の関係」に映る,秦 郁彦は従軍慰安婦に対しては右寄りの立場からであっても,なるべく学究的に解明を…

従軍慰安婦問題の本質(6)

(2014年8月4日,更新 2021年9月23日) 「本物の▲ソ」が目▲そ・鼻▲そを笑う,コッケイにもならない軍・性的奴隷(従軍慰安婦)否定論の完全に倒錯したその感覚,事前に意図された鈍感さに表出されつづけてきた「ねじれ切った〈歴史感覚〉」,ともかく,隣…

従軍慰安婦問題の本質(5)

(2014年10月23日,更新 2021年9月22日) 従軍慰安婦問題に関する歴史的理解のイロハすらよくしらずに語りまくる多くの人びとがいる,従軍というコトバを取りのぞき慰安婦だけにしたところで,従軍慰安婦問題の歴史が抹消できることはない 要点・1 旧大日…

従軍慰安婦問題の本質(4)

(2015年5月8日,更新 2021年9月21日) 従軍慰安婦問題に関する歴史的理解のイロハすらよくしらずに語りまくる多くの人びとがいる,従軍というコトバを取りのぞき慰安婦だけにしたところで,従軍慰安婦問題の歴史が抹消できることはない 要点・1 旧大日…