戦争・責任

菅 義偉首相の為政は権力の誤用・悪用・乱用ばかり,肝心な施策においてはつねに後手後手だが,その悪政の展開だけは切れ味鋭く先手先手

総理大臣である「菅 義偉による采配」は,コロナ禍の最中にあって,国民たちに対して最大の不幸をもたらしている にもかかわらず,当人はその現実に関して,いたって無関心でありつづけている 菅 義偉にとって「最大の不幸」は,この国の民主主義を首相の立…

私物利権化・場当たり自民政権の行き先は「Go To トラブル & Hell」か,いまだにオリンピック開催にこだわりつつ,右往左往する菅政権の,「ムスコ:正剛への公助っぷり」ならタップリある「いまだけ・カネだけ・自分だけ」という縁故主義権力構造の陥穽

菅 義偉政権はこの期に及んで,まだ「五輪開催」にこだわり,しかも「Go To トラベル」を再開させたいともくろんでいる(たくらんでいる)のだから,この国の為政者たちは『正真正銘の亡国のヤカラ』だと断定されて当然 要点・1 緊急事態宣言を解除したいが…

「Go To トラベル ⇒ コロナ Hell」を再開させたら,「コロナ禍の第4波」を早期に惹起させる危険性が大,ワクチン接種実施がベタ遅れである日本の現状を国民には悟られたくないスガ政権

2021年内において,ワクチン接種が必要な国民たち全員に対してその実施が可能かどうか,あいまいな態度である政府および厚生労働省の「後手後手のドタバタ」ぶり いまだに「Go To トラベル」を再開させたい石頭 でいる「スガ政権の頑迷固陋」さ,いまもなお…

東京オリンピックの開催実現が「新型コロナに打ち勝った証し」になると,完全なる「無知蒙昧ぶり」を自白した安倍晋三&菅 義偉,オリンピック開催のためにコロナ禍をわざわざ「Go To トラブル」的に拡大・悪化させてきた罪過

(2017年12月9日,再公開 2021年2月21日) いまから3年前,本間 龍がその深刻な意味を警告していた「2020東京オリンピックの開催」という「汚濁・虚業的な国際大運動会」は1年延期状態になっている,だが,これからさきも,まともに実施できる展望がもて…

東京五輪組織委員会会長の首をすげ替えさえすれば,2021年の盛夏に五輪開催が円滑にいくかのように報道するマスコミ・メディアの視点は問題あり,さらに橋本聖子のセクハラ・パワハラ問題をノープロブレムだという論調で報道したい奇怪さもまた問題あり

セクハラ・パワハラ問題の基本(「イロハ:ABC」)のなにも分からぬ自民党老害そのものであるオンボロ議員が,「橋本聖子のかかえているその問題」を,一気に超越・否定したいがための強行意見を吐く「極楽トンボ的な無知・無恥さ」加減,その幻滅的な見…

東京五輪大会組織委員会会長候補を,透明性(情報公開性)を維持せずに密室的に,橋本聖子(五輪担当大臣)を選んだものの,早速〈文春砲〉の狙い撃ちを受ける始末,セクハラ・パワハラの履歴付きチャリンコ大臣橋本聖子の話題

2020東京オリンピックの開催は1年延期状態になっているが,コロナ禍が世界的にまだ収束する確かな見通しをもてない現状のなかで,その五輪組織委員会前会長であった性差別主義者森 喜朗が退任したのを受けて,新会長候補に挙がったセイコ・ハシモトはセクハ…

2018年9月に論じてみたJOC(日本オリンピック委員会)という組織の痼疾,当時話題になった橋本聖子セクハラ・パワハラ問題

(2018年9月18 年,2020年11月4日 更新,2021年2月14日 別途再更新) オリンピック貴族たちが一般国民たちをただ働きで動員し(ブラックボランティア的な使役),観客には感動詐欺(オリンピック憲章のキレイゴト)を実感させるためだった「2020東京五輪…

JOC内「女性差別観」の代表者が森 喜朗,そしてJOC的な「女将版セクハラ」の実践者橋本聖子,五輪組織委員会会長の後任候補と目された聖子は適任者ではないと自己認識している

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」会長であった森 喜朗が辞任したあと,誰がその後任に選ばれるかと思いきや,「密室人事」を推進する森自身が堂々と川淵三郎を指名 した,しかし,官邸筋から辞退しろと圧力の電話がなんどもあったと…

日本敗戦裏話としての天皇家の財産問題から,2020年代のコロナ禍対策の問題などへ

(2009年1月24日,2021年2月8日) あるメールマガジンからの教示をもとに議論,天皇家の秘密,靖国神社の虚構性,コロナ禍の日本,菅 義偉政治の非力などの問題を,支離滅裂的に縦・横断しながら考えてみる 要点・1 天皇家の秘密財産をめぐる話題 要点・…

天皇・天皇制の科学的な研究者:里見岸雄の軌跡-戦前から戦後へ-

(2009年4月13日,更新 2021年2月7日) 戦前・戦後,天皇・天皇制を科学的に研究する語ってきた里見岸雄 の真価は,いかほどにありえたのか 要点・1 戦前的価値観の特性とその限界があらわであった「天皇教的に非学理一辺倒の政治思想」の特徴を,21世紀…

「戦前日本社会と天皇・天皇制」再考,小林多喜二&里見岸雄の思想的な対照性,そして戦後体制への含意

(2009年4月8日,更新 2021年2月6日) 世界大恐慌の1929年に生まれた書物2著をめぐる小考-小林多喜二『蟹工船』の徹底(作者の死)と 里見岸雄『天皇とプロレタリア』の不徹底(敗戦後も活躍)- 【要 点】 「小林多喜二は反体制派で,里見岸雄は体制…

コロナは怖くない上級国民とそれが怖い下級国民,その絶対的な医療格差,日本はいつからこんな国になったか,昔「貧乏人は麦を食え」といった自民党政治家がいたが,今はコロナで下級国民は死ぬ覚悟をしておけという程度にまで「庶民蔑視の菅 義偉自民党政権

「新型コロナウイルスの感染が拡大・深化する医療環境」のなかで「いまだけ,カネだけ,自分だけ」の自民党政権の本性がむき出しになっている 菅 義偉政権の一統たちは,自分たちの「生命・財産」だけは必死に護ろうとしているけれども,一般国民たちのそれ…

「亡国の首相,滅国の政権,壊国の与党議員」たち,コロナ禍の最中にどこまでも手前勝手な菅 義偉自民党政権,PCR検査を他者にはろくにやらせないが,自分たちだけは密かにやる,石原伸晃流にいえば金目の自分たちだけはなにをやってもよいが,下級市民は勝手に死んでもいいという発想

同じ国会議員でも野党の人間が新型コロナウイルスに感染しても,治療が間に合わず死亡した 与党の国会議員で感染して死んだ者はおらず,感染したら即座に大慌てで大学病院に検査入院したとか,けっこうなお身分 庶民側はPCR検査は自費で受けるか,そのま…

安倍晋三前首相の政治醜聞「モリ・かけ・桜」などはいまだに解明されていない国家犯罪的な重罪(2)

(2018年9月9日,更新 2021年1月31日) 安倍晋三「国家の私物化」は『内乱予備罪に相当とする』と平野貞夫元参議院議員が刑事告発していた 自分がコドモの総理大臣だという自覚に欠ける安倍晋三が,この日本を崩壊させてきた行状 ウソしかいわないし,そ…

安倍晋三前首相の政治醜聞「モリ・かけ・桜」などはいまだに解明されていない国家犯罪的な重罪(1)

(2018年9月8日,更新 2021年1月30日) 安倍晋三「国家の私物化」は『内乱予備罪に相当とする』と平野貞夫元参議院議員が刑事告発していた 自分がコドモの総理大臣だという自覚に欠ける安倍晋三が,この日本を崩壊させてきた行状 ウソしかいわないし,そ…

「Go To トラベル」キャンペーンを止めない菅 義偉政権の対・コロナ禍政策は完全に間違い,下級国民たちに対して「Go To コロナ禍:Hellでの死」を差し向ける国家指導者の立場,その狂気の沙汰

国民の「生命や健康」よりも,自分たちの私権政治(「いまだけ,カネだけ,自分だけ」)を最優先する菅 義偉政権は,われわれの「いのちや身体」のことなどそっちのけ で,コロナ禍をみずから呼びこむほかない「Go To トラブル」を,今後においても再開する…

2021年1月18日の菅 義偉首相による施政方針演説は,この政治屋の無策証明になっていた

菅 義偉「施政方針演説」に読みとれる空虚さ,コロナ禍に無力・非力でありつづけて来た自民党・公明党政権 いまだに東京オリンピックを開催し,「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証(あかし)」にできるなどと妄想している,果てしもなく絶望的な「亡…

天皇を神格化した近代国家の根本矛盾(2)

(2010年1月26日,更新 2021年1月16日) 天皇を神格化した近代国家の根本矛盾が21世紀まで残存する明治維新的な形跡,そして 近代国家体制に神権的権威をもちこんだ愚策の 顛末(続) 鈴木正幸『国民国家と天皇制』校倉書房,2000年を手がかりに考える天皇…

天皇を神格化した近代国家の根本矛盾(1)

(2010年1月25日,更新 2021年1月15日) 天皇を神格化した近代国家の根本矛盾が21世紀まで残存する明治維新的な形跡,そして 近代国家体制に神権的権威をもちこんだ愚策の 顛末 鈴木正幸『国民国家と天皇制』校倉書房,2000年を手がかりに考える天皇・天皇…

西尾幹二が『朝日新聞』のインタビュー記事に登場して,天皇問題のなにを語ったか?

(2017年12月14日,更新 2020年1月5日) 『朝日新聞』のインタビュー記事に登場した西尾幹二が,天皇問題のなにを語ったかといえば,「現代を生きる鎖国論者の精神的な支柱・基盤は「日本神州論」であったかのように聞こえた独自の見解 【要 点】 西尾幹二…

なかにし礼,日本国憲法論をめぐる考察-日本人であって日本人ではないアジア人のような中西禮三の人生観-

(2015年2月04日,更新 2020年8月23日,増訂 2020年12月26日) 【断わり】 本日のこの記述は,本ブログ 2020-08-23 の「満洲国,なかにし礼,日本国憲法,安倍晋三など」を再利用して,中身を若干増訂した形式をもって,あらためて公表している。なかにし…

保阪正康の安倍前政権批判,晋三は「すぐに戦うぞ」と(積極的平和主義で)いったけれども,正康は戦わないのが日本の戦後国是と反論

(2015年8月18日,更新 2020年12月21日) 戦争体験のある・なしで,戦争というものの本質理解が異なる理由はない 安倍晋三が極端に悪くした「21世紀の日本国」に明るい未来はない 岸 信介(晋三の祖父)は戦争にいかなかった高級国家官僚,安倍晋三は日本国…

岩波書店発行の本のなかの誤植,「朝鮮戦争中には1平方メートル当たり1トンの爆弾が降り,ピョンヤンの街は見る影もなく……」という校正ミス,朝鮮総連人士の頑固で偏狭な発言

(2019年6月1日,更新 2020年11月11日) 岩波書店発行の本のなかの誤植,「朝鮮戦争中には1平方メートル当たり1トンの爆弾が降り,ピョンヤンの街は見る影もなく……」という校正ミス,朝鮮総連関係人士の頑固で偏狭な発言 岩波書店の編集・校正力はこのよ…

安倍晋三がこの国の過去を壊してきたのに続き,菅 義偉がこの国の現在をさらに叩きつぶしつつある,自民党極右・反動政権が創ってきた「醜い国」はどこまでいくのか

安倍晋三と菅 義偉は日本国の品位・品格をぶち壊し,日本の伝統・文化も溶融させ,いまや敗戦後の焼け野原同然である精神世界を目前に広がらせている この「美しくない国」の現状は,対米服属路線を完成させた安倍晋三が「得意だった外交」の成果らしいが,…

チンプンカンプンなる「在日VIP」論のたわけぶり,論理集成の仕方で誤謬を犯していても,なにも気づかない謬論

論理学における誤謬とは,論証の過程に論理的・形式的に明白な瑕疵が前提にあり,その論証が全体として成立しえず間違っていることを指す。また,あえて意図的になされた論述に発生する誤謬は「詭弁」と判断される 要点・1 在日問題の基本的理解に必要な学…

明治謹製になる近代天皇制について21世紀的に再考するその本質的な問題

(2019年3月21日) 「皇居の森深き宮中」と表現された天皇家の近現代史は,まさに「明治謹製」として「創られた天皇制」にその本質(「古:いにしえ(?)」の由来)があった 要点・1 明治以来,天皇の本拠地は「東京」の皇居に移り,京都とは疎遠になった…

国家神道と皇室神道の「明治帝政史的な形成過程」,21世紀になってからも天皇家・皇族集団がこの国を「後進的国家体制」に引きずりこむ材料として政治的に利用されてきた「歴史的な事情や背景」

(2009年7月25日・30日) 万世一系・皇統連綿・八紘一宇・万邦無比であらねばならなかった,21世紀における「天皇・皇室の古代史的発想」の荒唐無稽的な七転八倒性 【議 論:1 】「明治天皇は偽物か替え玉か」 要点・1 万世一系のまがまがしさ 要点・2 …

昭和天皇以後の天皇たちはなぜ靖国神社に参拝にいけないでいるのか,その説明をしてみる

(2019年9月16日) 「なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?」が,よく理解されていない知識人から庶民まで,天皇制の支配下にあった霊廟にA級戦犯が合祀されているかぎり,これからも天皇は永遠に参拝できない 【要 点】 分かりきっていた事情だった…

菅 義偉による学術会議新会員6名拒否は,さきに安倍晋三がその模範を示してきたが,科学も学問も理論も実践もなにも判らぬ政治屋たちが「学術研究の世界をぶち壊す」「いまや後進国日本」の哀れな姿(6),自衛隊3軍は米軍の無給傭兵である事情にかかわって

2016年に首相が安倍晋三であったとき,学術会議「第23期の補充人事」任命の件にさいし,当時の「学術会議が候補として挙げていた複数人」が官邸側から拒否されていた 2020年にその「第25期の新会員6人」が任命されなかったとき,首相は菅 義偉に代わったば…

菅 義偉による学術会議新会員6名拒否は,さきに安倍晋三がその模範を示してきたが,科学も学問も理論も実践もなにも判らぬ政治屋たちが「学術研究の世界をぶち壊す」「いまや後進国日本」の哀れな姿(5),「デタラメとウソ」でいえばその極地を飛翔する下村博文,甘利 明なども明示する自民党政治の幼稚な前近代性,これが「戦後レジームからの脱却」ならば,なおさら御免被る

2016年に首相が安倍晋三であったとき,学術会議「第23期の補充人事」任命の件にさいし,当時の「学術会議が候補として挙げていた複数人」が官邸側から拒否されていた 2020年にその「第25期の新会員6人」が任命されなかったとき,首相は菅 義偉に代わったば…