政治・内政

後進国化した政治,萎縮した経済,劣化した社会の現状日本,コロナ過の「第6波」が北日本地域から波及しはじめそうな状況のもと,安倍晋三仕立になる岸田文雄のダミー政権

「新しい資本主義」とかいった空語・虚説をもてあそびだした岸田文雄新政権であるが,日本流に旧い資本主義に抱きつかれた状態で,満足に身動きができないまま,パペット的な「お笑いもののこの政権」が登場した。その雰囲気のなかで2021年10月31日「衆議院…

アベノミクスは最初から必然的にアホノミクスでありウソノミクスであった,2021年10月現在,この国の経済社会はいまだに先進国意識を払拭できないまま,さらに後進国「化」

世襲政治屋の「初老の小学生・ペテン総理」がチャイルディッシュに,「幼稚と傲慢・暗愚と無知・欺瞞と粗暴」な為政を,スガのカスノミクスの期間にまで継続させてきた8年と9カ月もの結果,「美しい国」であったはずのこの 日本は,徹底的に崩壊:溶融され…

1974年の調査開始以降「最多となった小中高生の自殺者統計」を絶対数だけで過去と比較する日経記事は,その間において「少子化現象」が進行してきた事実にも関連させ,比率の数値も同時に添えて報道しないのでは,読者の側にあってより深い事情が把握できない

『日本経済新聞』の記者はこの程度の取材と報道の内容で満足しているのか? この記事の付図をみた瞬間に生じた違和感をめぐり本日の記述がなされるが,その前に本日:2021年10月15日『朝日新聞』と『日本経済新聞』の朝刊から,それぞれつぎの投書とコラムを…

国営放送「NHK」の傲岸不遜で専横固陋の経営姿勢は,戦前から継承された基本体質であり不治の病である,意図的に起死再生のための手術を施さないことには,例の「▼ヌ・アッチ・イケー」と嫌われる組織特性は永遠に変わらない

NHKは自分たちの法人が特別な存在だと思いこんでおり,それでいて経営の方針は政権の走狗である報道体制になっていてもたいした疑問をもたない,受信契約は通常の商法取引からはかけはなれた強引な商法 を一般庶民に対して押しつけていながら,「みなさま…

河野太郎は「原発廃絶論」を一時緩和する態度で自民党総裁選に挑むが,もしも衆議院総選挙で自民党がつづいて政権を保持し,河野が首相になったとしたら,日本の原子力エネルギー政策はいかように変質しうるか

変人・奇人であるのみならず,いささか驕慢でもある世襲政治屋3世の気質をチラチラと披露しつつ自民党総裁選に挑む河野太郎が,仮に日本国総理大臣になった時,2050年の時点で日本の原発をこの国土から完全になくせる のか,原子力ムラの関係者(これには実…

こんな「日本の政治」に誰がした,安倍晋三や麻生太郎,菅 義偉たちなのだが,悪夢のような旧民主党政権のあとに現われた悪魔のような自民党政権は,この日本をぶち壊しつづけてきた,コロナ禍の五輪開催はその政治病理的な鈍磨性をさらにマヒさせた,このデタラメ政党を退場させないことには日本の21世紀はこれからも真っ暗闇

f この秋に迎える衆議院総選挙は珍しくも任期満了で実施されるが,安倍晋三から菅 義偉へとつづいた「自民党+公明党合体」腐敗・堕落政権の「当事者能力のなさ」は,新型コロナウイルス感染症問題への対応によってよりいっそう明白になっていた,あまつさえ…

橋本聖子という参議院議員,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長は「日本国の〈バ▼の壁〉」を堅固に維持する貴重な人材」の1名なのか,2030年冬季オリンピックを招致・開催したいなどと覚醒中に寝言がいえる非常識な銅臭メダリスト

非常識以前に,社会と経済に関する一般的な感覚や素養が皆無なのかと痛感させる「2020東京オリンピック開催」関係者の1名として,橋本聖子JOC五輪組織委員会会長がいた,どこまでも寝言・うわごとの発言ができる この “セクハラおばさん” 〔戸籍名は石﨑…

「コップのなかの嵐」自民党総裁選ばかりが報道されるこの国の矮小さ,安倍晋三と電通は仲良しで河野太郎の悪評を文春や新潮に書かせている最中だが,この程度のカラクリを喝破できない市民:有権者であってはいけない,ファシスト姉さんの高市早苗では最悪の選択にしかならない,原発廃絶論を軌道修正した太郎のフラつき振り

経産省による「河野太郎叩き」,安倍晋三と組んだ電通の全面支援による高市早苗支援体制,とくにネット記事のあいだにすでに掲示されている「高市ヨイショ!・宣伝」に導くためのリンク設定は広告手法として醜悪,安倍晋三は例の「河井案里:取り半事件」で…

「自助・共助・公助」のなにもへったくれもないコロナ禍の日常,感染者が重症化しても「自宅療養」あつかいされ「放置死」を余儀なくされ,「公助否定を黙認する」★流医療国家体制の日本では,ウイルスに殺られる自由ならばタップリある

ネトウヨ的な国家全体主義思想の持ち主たちは,家・家族主義イデオロギーを大切にし,家族の絆を守るといい,また別姓を排除すれば,そして女系天皇制は否定していれば,日本という「美しい国」が実現できるみたいに騙っていた,こうした非現実的な幻想に浸…

▼カと▼ホが睦み合い・噛み合う自民党総裁選,この候補者たちは国政というよりも自滅党のリーダーになりたいのか,国民・国家の繁栄・福祉はそっちのけの「連中ばかり」,いよいよ後進国の仲間入りがととのったこの国を本格的に3流にまで引き下げていく

国政選挙でもないのにマスゴミは一斉に自滅党内部において実施される総裁選に大騒ぎ,本来「自由も民主も備えていない」政党(自民党)の総裁選を不必要に報道する異様な雰囲気,そんなミニ政争の舞台にわれわれの関心を奪われていたら, 21世紀における日本…

麻生太郎は2021年9月7日「コロナはまがりなりにも収束」したと科学的根拠とは無縁に発言した,以前も2020年5月12日に「麻生財務相,新型コロナは『風邪,はやり病』」-6月には収束も」と放言していた,この国では厚生労働省が存在していても無力であり抜本から有効ではないコロナ禍医療体制では,今冬に向かい日本国内はまたもやコロナウイルスに蹂躙されるおそれ大

この国の愚かな最高指導者群がコロナ禍のせいで国民たちを崖っぷちにまで追いやる構図は「われわれにとっての最大の不幸・不運」を意味する,標題のごとき “ひっとこ財務大臣兼副首相のいいぐさ” は完全なるデタラメ,国家を誤導する ことはなはだしく,これ…

自民党総裁選,身内の親分選びごっこは裏舞台で魑魅魍魎が徘徊,つまりブロック大王・河野君や昼間の幽霊・岸田君,化粧崩れの高市君,アンポンタン石破君たちが次期首相になりたい自民党内「コップの中の嵐」

以上の標題で「なんとか・君」といって付けた各命名は,ブログ『くろねこの短語』に依るものだが,どいつも・こいつも「帯に短したすきに長し」どころか「鉢巻きにも使えそうもない」自民党の右側に落ちこみすぎた,しかも 「たいして本物の保守でもない単細…

自民党総裁選はコップの,あるいはおちょこの中でのネポティズム的な前近代的・半封建的な政争まがいのお遊戯会,日本の政治は19世紀のままで,いまや後進国体制に退歩した国家体質を回復できない,世襲政治の因習を排斥して抜本から大改革しないかぎり,さらに頽廃・腐朽していく(その2)

世襲者政治屋が中心・主軸になる日本の政治体制を根幹から批判しない日本の言論機関,このマスゴミ的な基本論調をもってしては,すでに進行中である「日本政治の沈没過程」に歯止めはかけられない,世襲政治が当たりまえにまかり通るだけのこの日本国政治体…

自民党総裁選はコップの,あるいはおちょこの中でのネポティズム的な前近代的・半封建的な政争まがいのお遊戯会,日本の政治は19世紀のままで,いまや後進国体制に退歩した国家体質を回復できない,世襲政治の因習を排斥して抜本から大改革しないかぎり,さらに頽廃・腐朽していく(その1)

世襲者政治屋が中心・主軸になる日本の政治体制を根幹から批判しない日本の言論機関,このマスゴミ的な基本論調をもってしは,すでに進行中である「日本政治の沈没過程」に歯止めはかけられない,世襲政治が当たりまえにまかり通る政治体制で,はたして先進…

21世紀にこの日本をぶち壊した「内政と外交の〈永久〉戦犯」安倍晋三と菅 義偉は日本の政治から追放,コロナ・ウイルスとの戦いには緒戦から敗北していた自民党は国民たちの命も財産も守れない体たらく政権

国民・有権者の25%支持しかえられない自民党が「政教癒合政党=下駄の▲ソ:公明党」と組んでこの「美しい国」を「醜い国」に転落させてきた,その主犯となった指導者である安倍晋三と菅 義偉は,日本の政界において〈獅子身中の虫〉という名の完全なるお邪…

8月とくにパラリンピックも開催した現段階に至っては,よりいっそうあやしい数値になってきた,とくに東京都の新型コロナウイルス・新規感染者数の「統計」は,五輪(パラリンピック開催)を意図的に側面から援助しているつもりなのか,故意に少なめかあるいは計上の対象にしていない感染者の統計があるのではないか

東京都における新型コロナウイルスの新規感染者に関連する統計を観ていると,どうしても湧き上がってくる疑問が回避できない,統計の歪曲・捏造・隠蔽は,安倍晋三前政権が「経済統計」にその手をかけていた事実とも関連づけて用心深く観察する余地がある,…

新型コロナウイルス感染拡大を防遏・制圧するための野戦病院をいまだにひとつも設営しないこの国は「医療後進国」,コロナ専用病棟をろくに提供していない地域医療機能推進機構(JCHO〔ジェイコー〕,尾身 茂理事長)は,役立たずの木偶の坊である大病院組織

開催してはいけないパラリンピックを強行し,コロナ禍の災厄をさらに拡大させる政府・都の狂気ぶりときたら,この冬までには襲来が予想される第6波のもとでは,日本の医療体制が大混乱に追いこまれるのではないかと心配する 要点・1 コロナ禍対策に鈍感な…

コトバを壊し,概念を追放し,国家理念を溶融させ,国民たちを困窮させてきた安倍晋三と菅 義偉の2代つづいた首相は,コロナ禍への対応能力ゼロどころかマイナスでありつづけた,なんとも悲しいこの国の現状から未来が展望できない不運

「コロナ感染爆発 プランBで抑え込め!【山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち】」『デモクラシータイムス』20210816,https://www.youtube.com/watch?v=ldbSxJK8VFI は,日本の新型コロナウイルス感染拡大「問題」に対する基本姿勢「防疫体制」が,欧米には20年…

統御不能・医療崩壊,緊急事態宣言が必要な対象は,菅 義偉「体たらく政権」のコロナ禍対策「無策・無能」そのものであった,いまや日本を崩壊させているこの医療実態は「自宅療養⇒放置⇒放棄(死)」という「実質・無政策的な自働殺人」につながる無法国家体制まで招来

2020年5月,安倍晋三前首相は〈日本モデル〉をもって対・コロナ禍を克服できたなどと,まったく根拠のないホラー(ホラ)話を打ち上げていた,だが,いまでは先進国と後進国とにおいてこのコロナ禍が共通して発生している災厄を,この日本も味あわされてい…

コロナ禍に対する緊急事態宣言のことを医療非常事態だと,おおげさともいえない表現を口にした小池百合子都知事は,「卵の黄身は黄身だ」といったに等しい冗語を,例のフリップ芸的に反復

緊急事態宣言は新型コロナウイルス感染症問題に対して発令されているゆえ,これを医療非常事態だといいかえたところで,さほど特別に新しい意味は創造しえない,分かりきったことがらに向けて,奇抜であるつもりをこめたかもしれない造語をするのは「いつも…

コロナ禍,新規感染者数1万5千人超える,妊婦の感染者が「中等症」でも入院すらできず自宅で早産,新生児は死亡,しかしいま,中止にしないと決めたパラリンピックの選手たちが大勢入国中,この大会を開催するという危機感なしのノンキな国:ジャパン

「緊急事態,基準見直し検討 感染数より医療体制重視 政府,宣言常態化避ける狙い」との『朝日新聞』2021年8月20日朝刊1面「記事」は,コロナ禍が五輪開催後もなお昂進中である事態を受けての話となっていたが, この記事は最後で「『宣言中に解除しやすく…

無為・無策で無能・無理な政府首脳,コロナ禍対策はお手上げ状態,オリンピックを開催し,パラリンピックまで開催するという無謀,世界の対策水準からいまだに1年半遅れている医療体制で,菅 義偉はまだ「問題ない・その批判は当たらない」とあらがえるのか,冗談にもなりえまい

菅 義偉政権は新型コロナウイルス感染拡大「問題」に手も足も出ない状況のなかで,ごく一部の自治体でのみ独自にまともな対策を展開しつつある,いまや死に体同然のこの政府にはなにも期待できない,PCR検査で陽性結果が異常に高く22%などという比率も出…

「裸の王様」風の菅 義偉「専制的独裁志向の政権」,コロナ禍対策は迷走ぶりを発揮中,どこまで続く泥濘ぞ,この時期にパラリンピックまで開催する「愚中の愚」を犯しつつ,批判されると「問題ない,問題ない」とか「その批判は当たらない」と激高するしか能がない無策政権

いつまで続くコロナ禍や,菅 義偉君,アナタは首相の器ではない真実を実証するために日本国総理大臣になったとすれば,もはや十分にその仕事は果たしてきた,この国をぶっ壊すことしかできなかった「過去の11カ月」,いまやより早く退陣することが日本のため…

「こんな首相」ではもう日本はもたない,国民に向けて提示できるふつうの政治理念・世界観にすら無縁の管 義偉は「単なる権力闘争」以外に関心なし,人生観もなしの品格・品性(風格?)となれば,この政治屋に国家の運営は絶対に任せられない,現にコロナ禍対策に失敗しつづけた「五輪に拘泥する基本姿勢」は落第点

五輪を開催してコロナ禍をこじらせ,深刻化させてきた管 義偉首相は,さらにパラリンピックも開催するつもりである,だが,このまま進行していったら,日本社会は混迷の度合いをますます激化させていく 要点・1 能吏を遠ざけてきた管 義偉の首相としての采…

靖国神社は戦争神社・好戦神社・勝利神社であるが,ここに参拝にいくのは「不戦の誓い,国民の命と平和な暮らし」のためだなどと,まるで正反対の,どこまでも虚妄の国家神道「感」を披露した防衛大臣岸 信夫は,岸 信介の孫で安倍晋三の実弟

迷呆たる靖国神社観にもとづく「国家全体主義信仰」をなんの恥じらいもなく披露し,宗教観についても「完全なる無知・無恥」を全面的に開放した国家神道「理解」は,防衛大臣の立場から「近隣諸国に対して能動的に敵対する政治・外交姿勢」を意味し,それも…

商業五輪は2020東京オリンピックの開催でも税金まみれ,あとのツケ回しは国民たちへヨロシクとあなた任せというしだいだが,いつまでこの誤倫ピック(汚リンピック)を人類の歴史に刻んでいくのか,国民たちの困窮をコロナ禍の災難からろくに救済しない菅 義偉政権の無為・無策

IOC幹部たちのためだけに開催してきたオリンピックという国際大運動会に,もはやまともな意義はない,2020東京オリンピックの開催がコロナ禍の日本で無理やり実施され,この国の人びとは踏んだり蹴ったりされる目に遭わされてきた,強権を露骨に行使し,…

菅 義偉は「コロナに打ち勝った証し」を2020東京オリンピックの開催に求めたかったが,閉会式のあとには「感染爆発」が炸裂しており,コロナに打ち負かされた日本国首相のミットモナイ姿が浮上

菅 義偉首相は2021年8月6日午前,広島市内で記者会見したさい,新型コロナウイルス感染急拡大と東京オリンピックの関連性について触れ,「東京の繁華街の人流(人の流れ)は五輪開幕前と比べ増えていない」と指摘,「これまでのところ五輪が感染拡大につな…

国民を完全に舐めきった菅 義偉の立場,日本語もろくに操れない政治屋がこの「美しい国」を破壊している現状,8月6日と9日「原爆を投下された広島と長崎」の記念式典ではいちいちミソを着ける言動:「あいさつ文の読み飛ばし」「式典への遅刻」をする始末,これだけで十分に首相失格

五輪開催を強行したが,オリンピックとコロナ禍とは「関係ない」などと「証拠もなし」に強弁する菅 義偉,この「首相からの発言」となれば,国民たちのあいだに信頼感など生まれずそれどころか逆効果あるのみ,菅の政治姿勢に露骨である「専制的独裁志向の基…

1964年東京五輪は日本が先進国入りするための跳躍台たりえたが,2020東京五輪は後進国落ちするための飛びこみ台となった,この国は民主主義が未熟のままこの21世紀を生きぬくほかないのか

「ジャパン アズ ナンバーワン」というかつての評判は,20世紀後半の一時期だけにおける「幻覚あるいは虚構」でしかなかったのか? 2020東京オリンピックをコロナ禍のなかで1年遅れで開催したけれども,明治以来,いままで構築してきた国家体制の「今日的な…

コロナ禍が昂進する最中にオリンピックという名の狂宴が終わったが,新型コロナウイルス感染拡大「問題」はなにも終息しておらず,とうとう「バカの壁」の外側がなにもみえない国になった

本日〔2021年8月9日〕朝刊は,五輪(誤倫)のオリンピック(汚リンピック)であっても「スゴクよかったね」「ニッポンチャチャチャ,スゴかった」の基調である,膨大な都税・国税を無駄に使いはたし,しかもそれを大々的に中抜きする電通(吸血鬼)の存在…