ANAホテルに「桜を見る会」経費の領収書に関するウソを暴かれた安倍晋三,ならば今後はAPAホテルを利用すればよい

桜を見る会」の契約関係で「安倍晋三の嘘」を「忖度しないホテル」が登場した,困った立場に追いこまれたこの首相,「モリカケ問題」のときのように国家官僚の忖度的な支援はえられない,ただしニューオータニの場合は,今井尚哉首相秘書官・補佐官の「オジに当たる今井 敬」がそこの取締役である関係で,大いに忖度がえられていた。だが,こんどはアウト


  要点:1 ウソをつきまくる安倍晋三君の政治屋としての行動様式は,忖度する関係者がいなくなれば,そのままウソ街道をひた走る自分の姿を,正直に暴露させられるほかなくなる

  要点:2  「こんな首相」がまだ首相をやっている「この国」はすでに崩壊している。もはや忖度など存在しうる余裕などない国になっている。だが,それでもまだ「こんな世襲3代目の大▲カ政治屋」に,この国の舵取りをさせるのか?

  要点:3 『ゴミ売り新聞』(読売新聞社が発行する新聞紙)や『惨軽新聞』(産経新聞社が発行する新聞紙)は,けっして日本国総理大臣のウソを深く追及しない,つまりは『朝日新聞』や『東京新聞』の足を引っぱることが社是であるような,恥ずかしい新聞社が発行する新聞紙

【参考意見】

 

 ◆〔特別情報1〕

  「権不十年」(権力は十年も経てば腐る)

 

 大ウソつき,証拠隠滅,シュレッダーの在職の通算9年の「歴代最低の不道徳な男」安倍晋三首相は,ここに極まれり。政治改革を台無しにし,政治倫理を破壊しつくし,子どもの教育をメチャクチャにしつくしている。

 

 そのはてにIRカジノ法制定により,日本列島を「カジノ列島」と化し,バクチ場を開帳し,その上がりをトランプ大統領の「米国」に吸い上げさせようと企む。トカゲである安倍晋三首相は,検察権力を壟断して,「トカゲの尻尾」である秋元司被告を巧妙に逃げきろうとしている。

 

 「悪事は千里走る」というけれど欲ボケ首相は,そんなにうまく逃げきれるかどうか?

 註記)「日本列島を『カジノ列島』と化し,バクチ場を開帳,その上がりを『米国』に吸い上げさせ,トカゲの安倍晋三首相は,検察権力を壟断,『トカゲの尻尾』秋元司被告から逃げきる」『板垣英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」』2020年02月19日 08時37分57秒,https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/67b352921839e243b56d99486175dd7b


 「『桜』夕食会,深まる矛盾  首相答弁の『営業の秘密』自民確認できず 首相事務所へ聞き取り」朝日新聞』2020年2月19日朝刊1面

 「桜を見る会」前日の夕食会をめぐる安倍晋三首相の国会答弁の信頼性が〔2月〕18日,さらに揺らいだ。答弁が会場のホテルに否定されており,自民党議員による首相事務所への聞き取り調査でも,問題となった一部の文言が確認できなかった。野党は書面で答えるよう首相に求めるが,政府・与党は応じない方針だ。(▼2面=首相窮す)

 野党議員が17日の衆院予算委員会で,2013,2014,2016〔年〕に夕食会が開かれた「ANAインターコンチネンタルホテル東京」に問い合わせた内容をもとに追及。首相はホテルの領収書の「宛名は空欄」とするが,ホテル側は空欄での発行は「ない」,「明細書はホテルから受けとっていない」との答弁もあったが,発行しなかったことは「ない」だったと指摘した。

 f:id:socialsciencereview:20200219100157j:plain

   付記)これは『毎日新聞』2020年2月19日朝刊から。

 一方,首相は,みずからの事務所がホテル側から聞き取った内容は「(野党議員には)あくまで一般論で答えた。個別の案件については営業の秘密にかかわるため,回答には含まれていない」だったと答弁した。

 補注)この人(首相のこと),いったい日本語が分かっているのか? 「一般論」? ことばだけが阿波踊りしているように舞っている。以上,話の中身・内容に関してならば,形式論的には「一般論」も「特殊論」もない。

 ところが,自分勝手にそのように「一般論」からは外れる「特殊論」の話題(想定)もありうるという具合に,問題のあり方を独自に想像し,構成したがっている。彼は,いったいなにをどのように「デンデンしている」つもりなのか,発言している内容に関した話法そのものからして,初めから支離滅裂。

 しかも,その本体の発言じたいがすでにウソであると判明しているのに,それでもなお,その「一般論・うんぬん」であると来た。とっくに詰まっている将棋みたいな話であった。この首相の「愚にもつかない,ヘリクツにもなりえない物語」を,いつも聞かされてきた国民・市民・庶民の側からすると,もういい加減にしろといいたくなる。

 なにせ,日本語の運用力からしてどだい “問題ありあり” のこの安倍晋三君であった。それゆえ,「ナントカ論」だとか口にすることじたい,実に口はばったい論法(舌鋒?)としか受けとりようがない。しかし,その日本語力が決定的に欠落している部分に潜伏させていた「肝心な個所:要衝となる疑惑」についてとなると,いままではとくに,国家官僚たちの「忖度としての支援(介助)活動」によって,なんとかごまかしつづけられ,そして強引にねじこむようにして押しとおしてきた。

 しかし,今回ばかりは,その「忖度」作戦を援用した「アベ・マジック」が演技できる事情にはなく,まったく効果ある反論が展開できていない。ある意味で絶体絶命である

〔記事に戻る→〕 だが,〔2月〕17日夜,ホテル側は朝日新聞の取材に対し,「『個別の案件については営業の秘密にかかわるため,回答に含まれない』と申し上げた事実はございません」と返答。例外があるかのような答弁の正当性が問われる事態となった。立憲民主党など野党4党は18日,首相側がホテルに照会した結果を書面回答するよう与党側に要求。与野党は折り合わず,立憲などは午前の同委を欠席した。

 自民党は野党の審議復帰に向けた対応として,ホテルに照会をおこなった首相の事務所に聞き取り調査を実施。午後の同委理事会で結果を野党側に伝えた。示されたのは「一般論で答えたものであり,個別の案件については回答に含まれていない」というもの。首相が答弁で触れる一方,ホテルが否定した「営業の秘密にかかわる」とのくだりは存在していなかった。

 補注)「一般論」だというであれば,具体的な「個別の案件」に全体的に適用されて共通する「それ」があってこそ,基本的に使える「当然の理屈」になる。ところが,アベ君のいう一般論はもっぱら,「個別の事例(とくに自分の関係する問題)を排除する」ために,特殊的にもちだされている。それゆえ,この種の論理(きわめて幼稚なリクツ)は,一般論としてもとより成立しえない「無理筋の逸脱したヘリクツ」であった。

 ※ 首相答弁とホテル見解,食い違いのポイント

 

  ◆-1 明細書を主催者に発行したのか

  ◆-2 参加者それぞれに宛名のない領収書を発行したのか

  ◆-3 ホテルが「個別の案件については営業の秘密にかかわるため,(野党側への)回答に      は含まれていない」と首相側に説明したのか

 野党は同委の審議に復帰。「営業の秘密」が含まれていないことから,質疑では「首相の作り話ではないか」と指摘した。この日は首相出席が予定されていなかったため,菅 義偉官房長官が「全体として同じことではないか」といった答弁を続けた。首相官邸で記者団に問いかけられた首相は「すでに国会で答弁したとおりだ」と述べるにとどめた。(引用終わり)

 補注)菅 義偉官房長官のこのいいぶんも「安倍晋三のそれに同上であった」。こちらでは「全体と部分」の論理学的な関係性の問題になるが,これとは無関係であるほかないコジツケ論法を “菅が提示した” と観ておけばいいだけのこと。つまり「スガの全体」論=「アベの一般」論。政治家に論理学は要らない理由が分かるというもの。

 ここで,2日前に共同通信が配信していた記事を紹介しておく。

   首相答弁「虚偽の可能性」と指摘 桜夕食会で,辻元氏「重大局面」★
 =『東京新聞』2020年2月17日 13時15分,
          https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020021701002016.html

 

 立憲民主党辻元清美氏は〔2月〕17日,「桜を見る会」前日の夕食会をめぐる安倍晋三首相のこれまでの答弁に関し「すべて虚偽だった可能性が濃厚になった」と指摘した。衆院予算委員会での質問後,記者団に述べた。「政治資金規正法違反や公選法違反を首相が長きにわたって繰り返してきた疑いが濃くなった。重大な局面だ」とも強調した。

 

 辻元氏は質問で,数回夕食会の会場になったANAインターコンチネンタルホテル東京に対し,宴会などの取り扱いを問い合わせたところ,首相答弁との矛盾があったと主張。記者団に「しっかりと(会場の)ホテル側に文書で問い,きちんと対応していただいた」と自信を示した。(共同)

 この翌日の『毎日新聞』2020年2月18日 20時08分(https://mainichi.jp/articles/20200218/k00/00m/010/279000c)の報道は,

 「ANAホテル,もう使わない」自民から恨み節 『桜』前夜祭で首相と食い違う説明」

という見出しの記事を出していた。このアベの自民党という政党はいったいどこまでタチの悪い政治集団か? そこまでいうのであれば,ANAホテルの使用はもう止めて,APAホテルを利用することにしたらどうか?

 つまり「ウソ」をつかないで,アベを「忖度しない」ANAホテルはけしからんという「オトナの理屈」が,堂々と披露されている。自民党の政権だから文部科学省の大臣もいるはずだが,学校ではウソを教える教育でもしているのか?

 こうなるともはや,誰もが「本当にもう,▲カ,いってんじゃないよ!」と,叫びたくもなる。ともかく,こういう体質であるアベ政権であった。アベ君には,忖度しないと叱られるどころか,イジメられるからな……。クワバラ,クワバラ。

 だから,こういう指摘をする記事もみつかる。

   ★ 安倍首相答弁を否定 ANAホテル賞賛される日本の “おかしさ” ★
    =『女性自身』2020/02/18 20:03,https://jisin.jp/domestic/1832728/

 

 その後のマスコミ各社の問い合わせに対し,ANAホテルは「 “営業の秘密” と申し上げた事実はない」「一般論として答えたと説明したが,例外があったとはお答えしていない」と首相の答弁を否定してしまったのだ。これに対して冒頭のように賞賛の声が相次いだ。さらに,〔2月〕18日のお昼前,朝日新聞が,匿名の自民党幹部が「ANAホテルもう使わない」と語ったことが報じると……。

 

  《みんなANAホテルを使うおう!》
  《自民党の逆恨みが酷い。最初から嘘つくなってことだ》

 

 ホテルへの応援コメントと自民党を非難する声であふれた。「ANAホテル」はツイッターのトレンドワード入りしたが,一方でこんな声も……。

 

  《ただ真実をありのままに語っただけで,これだけ毀誉褒貶があるというのが異常。本来なら当たりまえのことなのだから。いかに日本がおかしくなっているかがわかる》

 

 第2次安倍政権になって,首相の発言にあわせて,公文書が書きかえられたり,証言者が口をつぐんだり,閣僚や官僚がおかしな日本語を話したりする姿を,われわれ国民はあまりにも頻繁に目撃させられてきた。“ 正直に答える” ,そんな当たりまえのことを称賛せずにはいられないほどに,この国の常識は壊されてしまったのかもしれない。 

 

 「〈時時刻刻〉『桜』答弁,首相窮す 野党『根拠覆った』」朝日新聞』2020年2月19日朝刊2面

f:id:socialsciencereview:20200219102707j:plain

 a)桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐる問題で,会場となった「ANAインターコンチネンタルホテル東京」に国会答弁が否定された安倍晋三首相は,さらに苦しい立場に追いこまれた。政治資金規正法違反などの可能性を指摘されてきた部分で,攻勢にさらされることになった。与党内でも危機感が高まる。(▼1面参照)

 〔2月〕18日午前の衆院予算委員会は,冒頭から主要野党が欠席したまま,与党側だけで議事を進める不正常な形で始まった。立憲民主党など野党4党はこの日午前,国対委員長会談を開き,ホテル側から首相が書面で回答をえないかぎり,審議に応じないことを確認した。

 補注)以前から公文書の改ざん・隠蔽・廃棄が大好きな安倍晋三政権であった。自分(とくにアベのこと)のウソを証明することになる書類など,絶対に提出できない。このことは,安倍的に特殊な事情からして,とても分かりやすく類推される対応である。

 だが,以前であればどこかの誰かが忖度してくれて,けっして今回のような窮地に追いこまれる体験はしないで済んできたところが,どうやらそうではない “あやしい雲行き” になっている。

 安倍晋三は今回,自分を国会で追及している辻元清美に対しては,5年前の国会でも同じようなひどいヤジを飛ばし,反省する旨の謝罪をしていた。ところが,性懲りもなくまたもや,自分の本性を再起動させていた。

 ※-1 首相は,2020年「2月12日の質疑のなかで辻元議員に対し質疑終了後,不規則な発言をしたことをお詫びします。今後,閣僚席からの不規則発言は,厳に慎むよう首相として身を処していく」とコメントした。

 

 ※-2 辻元氏は,首相の謝罪後に質問に立った。2015年5月の安全保障関連法をめぐる国会審議でも首相から「早く質問しろよ」とやじを飛ばされたと振り返ったうえで「やじを飛ばしまくる首相は初めてだ」と非難した。

  註記)「安倍首相が謝罪 辻元氏へ『不規則な発言をお詫び』」『日刊スポーツ』2020年2月17日 9時24分,https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202002170000139.html

 

 この画像資料は参考にまで挙げておく。首相である安倍晋三は自分の立場もわきまえず,このように破廉恥な発言を重ねてきた。「子どもたちにこの人が総理大臣だ」と教えるのは,恥ずかしいかぎりである。子どもたちもきっと,こう反応すると思う。「この人,子どもみたいなオトナだネ」。

 

     f:id:socialsciencereview:20200219104718j:plain

〔記事に戻る→〕 首相は〔2020年2月〕12日の予算委で,辻元氏から「タイは頭から腐る」などと政権批判を受けたあとにやじを飛ばした。直後に野党議員から理由を問われ「(辻元氏による)罵詈雑言の連続で,反論の機会が与えられなかった」と釈明していた。

 補注)安倍晋三君はそもそもこの「罵詈雑言」ということばの意味じたい,よく判っていない。だから,使い方も適切にはできない。

 ともかく,国会の開催を先送りしたり,外遊してサボりまくったり,なにかに付けては理由を設けて逃げまくってきたこの首相が,ようやく国会で議論がはじまると,自分には「反論の機会が与えられなかった」とは,笑止千万。

 安倍君が,委員会でまともに誠実に議論する姿も,とんとみたことがない。国会を舐めているわけだが,このことは国民・有権者たちを舐めてもいる事実を意味する。いうまでもあるまい。

【参考記事】-途中に入れてみたほかの記事-

 

 野党は「議会制民主主義への冒涜だ」と反発し,謝罪を要求。〔2月〕13日に予定していた予算委は流会となった。与党幹部からも首相に自制を求める声が出ていた。

 註記)「安倍首相,辻元清美氏へのやじ謝罪 『不規則発言,厳に慎む』」『zakzak』2020.2.17,http://www-origin.zakzak.co.jp/soc/news/200217/pol2002170002-n1.html

〔朝日の記事に戻る→〕 野党が強い抵抗手段に出たのは,首相の国会答弁に疑義が生じたためだ。

 立憲の辻元清美氏らは〔2月〕17日の衆院予算委で,「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐり,会場となったホテルと首相の説明の食い違いを追及。この質疑のさいの首相の反論の一部について,ホテルが朝日新聞などの取材に対し否定したのだ。

 補注)このあたりの取材は『朝日新聞』や『毎日新聞』『東京新聞』がおこなってきたと聞いているが,なぜ,『ゴミ売り新聞』や『惨軽新聞』そして『日本財界新聞』(日経のこと)は,『朝日新聞』や『東京新聞』の立場を,同業者として適当にみのがしているのか,不思議である。

 というよりは,やはり安倍晋三様「忖度」の見地を堅持しているに違いあるまい。なお,前出の『zakzak』は『産経新聞』系のネット紙。

 『日本経済新聞』の本日朝刊は,4面「政治」でつぎの程度にしか報道していない。「嘘つき常習犯的な内閣」であっても,『日本経済新聞』は「なあ,なあ」の要領で付きあっている。だから「日本財界新聞」だとヤジられる。

  f:id:socialsciencereview:20200219110238j:plain

 立憲の安住淳国対委員長は〔2月〕18日午前,記者団に「首相がこれまで延々とウソをついてきた可能性が高まった」と首相の答弁を強く批判。枝野幸男代表もツイッターで「『違法ではない』としてきた首相の反論の根拠が覆ったことに他ならない」と指摘した。

 補注)アベ君の「延々たるウソ」(気息奄々のそれではなく)は,もちろんいまに始まったことでなくて,「吐く息そのものが全部ウソだ」と定評のあった,彼の言動のひとつひとつのことゆえ,いまさら「延々のウソ」を得意とする「こんな首相」に驚くことはなにもない。だからといって,この “ウソ常習症候群” 患者が一国の最高指導者の地位に付いているという「われわれにとっての最大・最凶の不幸・不運」は,早急に除去されねばなるまい。

 野党は午後,与党側が首相の事務所からホテル側とのやりとりを聞き取り同委の理事会で読み上げたことで,審議には復帰。質問に立った野党統一会派今井雅人氏は「首相の答弁がウソだということが分かってきた。徹底解明するまでは,予算案を通すわけにはいかない」と,首相本人への追及を強める姿勢を強調した。

 桜を見る会の疑念が解消されるどころか,首相自ら不信を増幅させている状況に,与党内からも不満や不安の声が上がる。公明党山口那津男代表は18日の記者会見で「当事者である首相がきちんと説明責任を尽くすということが重要だ」と話した。自民党のベテラン議員は「首相はまともな答弁ができていない。ヤジを飛ばすことも含め,首相のやることじゃない」と批判した。

 補注)「首相のやることじゃない」? 公明党の山口ナツオのほうは,いつも毒にも薬にもならぬ「自民党に対する注文」を反復する発言しかできない御仁(ダメ御前)である。そもそも,アベが「きちんと説明責任を尽くす」ことなど,いままであったか?

 溝の壊れたレコード盤の上をまわる針みたいに,バカのひとつ覚えだけの発言を繰り返すのは,もういい。公明党という「自民党の下駄の▲▼」は,アベの悪政を幇助してきた政党としてみれば,日本国の「政(まつりごと)にとって〈獅子身中の虫〉」でありつづけてきた。つまり,日本の政治にとって完全に有害無益である存在以外のなにものでもない。

 b) ホテル説明どおりなら「違法」恐れ

 ホテルとの見解の食い違いをどう解消するのか,首相は説得力ある説明を求められている。

 首相がホテルの見解を認めれば,夕食会の収支を政治資金収支報告書に記載しなかった法令違反を問われる事態にもなりかねない。かといって食い違いを放置すれば,「首相答弁はウソ」という疑惑が深まり,国会審議にも深刻な影響を及ぼすのは必至だ。

 首相が直面する苦境は,これまでの説明の積み重ねの結果でもある。

 過去7年間におこなわれた夕食会について,首相は「私の事務所の職員が集金してホテル側に渡している」と繰り返してきた。ホテルから明細書を受けとっていないと主張。また,ホテルと直接契約を結んだのは数百人に及ぶ参加者個人であり,領収書もホテルが参加者一人ひとりに出したとした。

 首相はこうした説明に合わせ,夕食会を主催する後援会には収入も支出もなく,政治資金収支報告書に記載する必要はない,との立場を貫いてきた。しかし,今回ホテルが野党に示した見解は,首相が重ねてきた答弁と食い違う内容が含まれる。

 ホテル側は,主催者に明細書を発行しないことは「ない」とし,代金は主催者からまとめて支払ってもらうとした。こうした説明は,報告書への不記載を正当化する首相の主張の根拠を揺るがす。

 c) このホテル側の見解との食い違いについて,首相はどう説明するのか。

 〔2月〕17日の衆院予算委員会では,ホテルの見解は「あくまで一般論でお答えしたものであり,個別の案件については,営業の秘密にかかわるため,回答に含まれない」と強調。夕食会はこの「個別の案件」であり,ホテルが示した回答には含まれないとの立場で乗り切ろうとしたかのようにもみえる。

 一方,ホテル側は朝日新聞の取材に「『一般論として答えた』と説明しましたが,例外があったとはお答えしておりません」とメールで回答。「『個別の案件については,営業の秘密にかかわるため,回答に含まれない』と申し上げた事実はございません」とし,首相答弁の一部を明確に否定している。

 野党は首相に,口頭ではなく文書でホテルとのやりとりを示すように求めているが,首相は応じていない。「書面でしっかりと示すことはしないのか」。18日,首相官邸を立ち去るさいに首相は記者団に問われたが,無言のままだった。(引用終わり)

 正直いっての感想。安倍晋三君,われわれを「バカにするな」「いい加減したらどうか」。

 

  行政における文書管理を無視・否定するアベの為政の間違い

 本日〔2月19〕の『朝日新聞』社説を以下に紹介するが,「安倍晋三流のデタラメ三昧」(より事実に近づいていえば「不法・違法であるほかない諸行為」)が徹底的に隠され,ゴマカされつづけてきた点を,論説として指摘・批判している。

 この首相は,自分にとって不都合な「物的な証拠」--これをアベの本心風に一般論でいえば,いまの彼にとってまずい「特定の文書のこと」--を,それはもう大々的に改ざんしまくり,もちろん隠滅(廃棄?)などは,自然かつ当然に大々的におこなってきた。

 こうした安倍晋三君による基本的な〈政治手法〉が問題にされてきたなかで,このたび彼が護身のために選んで採った具体的な方法が,自身がいままで蓄積してきた「罪状」を司直にとりあげさせまいと,とうとう「検察庁の最高人事」にまで手を突っこんだ「政治的な最悪手」であった。

 まさしく「独裁政治そのものにまでこの国を貶めたい」「安倍晋三の欲望」が露骨に表出されていたのである。

   ◆〈社説〉検察官の定年 検討の過程 文書で示せ ◆
      =『朝日新聞』2020年2月19日朝刊 =

 

 法にのっとって当然作成されているはずの公文書を示しながら,国民にていねいに経緯を説明する。その義務が森 雅子法相,そして安倍政権にはある。東京高検検事長の定年延長問題である。政府側の答弁はきわめて分かりにくく,迷走のすえ,つじつま合わせに終始しているといわざるをえない。

 

 検察官の定年年齢は検察庁法に明記されている。それなのになぜ延長できるのか。この疑問に,森法相は当初,国家公務員法に延長規定があるので,それを適用したと解説していた。

 

 だがその条文を審議した1981年の国会で,政府が「検察官には適用されない」と述べていたことが,今〔2〕月10日に判明した。法相から納得できる説明がないまま,安倍首相は13日になって,「今般,適用されると解釈することとした」と答弁した。

 

 では「今般」とはいつか。17日の衆院予算委員会で尋ねられた法相は,「国家公務員一般の定年引き上げに関する検討が昨〔2019〕年からおこなわれている」としたうえで,検察官の定年延長を「政府内で是としたのは本〔2020〕年1月」と述べた。検事長の定年が2月7日に迫るなかでの異例の措置だったことが確認された。

 

 しかもこの質問に法相は答えようとせず,5回繰り返し聞かれてようやく明らかにした。検察官は起訴,不起訴の決定をはじめ,強大な権限をもつ。その職務と責任の特殊性に鑑みて,検察庁法は特別に定年規定を設けている。延長が必要だというのならば,同法の改正案を国会に提出して審議を仰ぐのが当然の理ではないか。

 

 昨〔2019〕年から今〔2020〕年1月まで,法務省及び政府内部で,いつ,誰が,どんな検討をしたのか。1981年の政府答弁をどう理解したのか。法改正でなく解釈変更でいくと,誰が,いかなる理由で判断したのか。異論はなかったのか。国会での説明が不可欠だ。

 

 公文書管理法は,行政機関の意思決定に至る過程を合理的に跡づけ,検証できるように,文書を作成しなければならないと定める。そして政府のガイドラインは,法律の解釈や閣議に諮った案件の関連文書は30年間保存すると明記している。

 

 森友・加計問題を反省して政府は襟を正したはずだ。問われているのは,検察官の身分に関わる重大な法解釈である。正確で詳細な記録が法務省に残されていなければおかしいし,法相が「相談した」という内閣法制局人事院も同様である。

 補注)「森友・加計問題を反省して政府は襟を正した」? そんな「はずだ」ったとは,けっしていえまい。「森友・加計問題を反省して」いるはずもない「政府」ではなかったか? つまり「モリカケ問題」の不透明なままでの決着に味を占めた政府側は,こんどの問題についても,再度なんとか,ゴマカシ的に済ませようとしているのではなかったか? そこを「政府は襟を正していた」とは,かなり忖度的ないいまわしである。

 

 不可解な定年延長は,検察に求められる中立・公平への疑念を呼び起こし,「法の支配」への理解を欠く政権への不信を一層深めている。このまま放置することはとうてい許されない。

 なんということもない。要は「ありもしない文書」を指して,その文書があったかのように誤魔化しながら説明していた。だから,これウソであった。こうなると,こんどは文書の改ざん・隠蔽ではなく,「文書の捏造」が「過去にさかのぼって実行(犯行)される」かもしれない。

 来月(3月)にはまた桜が咲くと思うが,安倍晋三政権の嘘・偽りは,年がら年中「花盛り」であった。まさか安倍は自分が「花咲か(ウソつき)爺さん」のつもりではあるまい。要は「そのウソのつもり」はなくとも,ウソとして「やるべきことはやっている」のが,この総理大臣である。

 しかし,今年になって浮上している全社会的な医療問題「新型肺炎コロナウイルス」に向けた安倍政権の対応ぶりは,世界中から「最低だと悪評価」を受けている。なせに,日本政府は2月14日まで本格的な対策を立てていなかった。これもまた,安倍晋三「1強〔凶・狂〕」の弊害が端的に露呈された現実の問題であった。

 首相の器でもなんでもなく,それとは完全に無縁だった人物が,ただ「世襲3代目の小物である大▼カ政治屋」であるがままに,なぜか,この国の政治の頂点にまで昇りつめてしまった。国民・市民・庶民たちの立場・利害・生活にとって,安倍晋三がもたらしてきた「最大・最凶の不幸・不運」は,これからさき,いったいどこまで続くというのか?

【参考記事:その1】

 ブログ,植草一秀の『知られざる真実』は2020年2月17日の記事の題目をこう付けていた。

 

 「消費税増税で大不況に突入した日本経済」

  註記) http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-7d31e4.html

 

【参考記事:その2】

 「ANAホテル『申し上げた事実ない』で “大嘘つき” 安倍の捏造手口が白日の下に! 『営業の秘密にかかわるため』は安倍首相自身の創作」『リテラ』2020.02.18 10:58,https://lite-ra.com/2020/02/post-5263.html〔~ post-5263_3.html〕

 もしかしたら(多分?),新型のウイルスなんぞよりも桁違いに迷惑を発揮してきた,それも3流の政治屋であるこの「初老の小学生・ペテン総理」安倍晋三が,自身の「幼稚で傲慢」「暗愚で無知」「粗暴で欺瞞」という基本の特性を,満艦飾風に光輝させているのが,現状における「日本」の政治状況であった。

------------------

※ 以下の画像には Amazon 広告へのリンクあり ※