学校法人日本大学田中英寿理事長が東京地検特捜部に逮捕された,安倍晋三はいまごろ震えている?

 「日大・田中理事長,脱税容疑で逮捕   東京地検nikkei.com  2021年11月29日 13:07,2021年11月29日 13:18,https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE191R60Z11C21A1000000/?n_cid=BMSR3P001_202111291308  というニュースが,『日本経済新聞』から配信される電子メール記事として,上記の時刻に本ブログ筆者のパソコンに届いていた。

 この記事を以下に引用する。 

 日本大学付属病院をめぐる背任事件に絡み,東京地検特捜部は〔11月〕29日,日大関係業者などから受領したリベート収入などでえた所得を申告せず,約5300万円を脱税したとして,日大理事長の田中英寿容疑者(74歳)=東京都杉並区= を所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。

 

 逮捕容疑は2018,2020年分の所得を隠し所得税約5300万円を免れた疑い。

 

 特捜部はこれまで,田中理事長の側近とされる日大元理事の井ノ口忠男被告(64歳)と医療法人「錦秀会」元理事長の籔本雅巳被告(61歳)が日大医学部付属板橋病院(東京・板橋)の建て替え工事や医療機器調達をめぐり,大学の資金を流出させるなどして日大に総額約4億2千万円の損害を与えたとする背任罪で2度起訴した。

 

 一連の捜査で,特捜部は理事長宅を2度捜索し,現金1億円超が保管されていたことを確認した。関係者によると,井ノ口,籔本両被告は特捜部の調べに対し,起訴内容の取引に絡んで計6000万円を「日ごろ世話になっている謝礼」として理事長に渡したと供述した。

 

 特捜部は両被告と理事長との共謀の可能性も疑ったが,井ノ口被告は理事長側に不正な取引の計画や具体的な内容について報告していなかったと話しており,理事長自身も複数回の任意聴取に,事件への関与や現金の受領を明確に否定していた。(引用終わり)

 東京地検特捜部の狙いは「田中英寿理事長」から「安倍晋三元首相」にもまたがっていたと推測されている「犯罪」を摘発,解明し,そしてとくに安倍晋三自身にまつわるいくたもの疑惑を総合的に追及することにある。

【参考記事】

 つぎのユーチューブ『一月万冊』の最新記事が,元朝日新聞社記者・佐藤 章による分析をもって,前段のように報道された日本の政治社会次元問題の「核心=患部の特性」に迫る解説をおこなっている。

------------------------------